作業員

外壁塗装をする時期を知っておこう|快適に暮らすために

施工の相場を確認

家の模型

名古屋市内で屋根のメンテナンスといえば、屋根塗装が一般的です。屋根塗装には塗料と人件費の他に、足場を組む費用や養生の費用なども必要になります。安ければ15万円程度、高い場合は60万円以上の費用が必要です。また、事前準備としてご近所さんに、施工を行う趣旨を伝えておきましょう。

人気樹脂木の特徴を知ろう

ウッドデッキ

大手メーカーであるYKKのリウッドデッキ200でウッドデッキを作る人が多いので、品質には満足できるはずです。ただし、取り付ける施工業者には差があるので、相見積もりを取ってから業者選びをするようにしましょう。

屋根のメンテナンス法とは

塗装

屋根塗装を検討しているなら名古屋市内は施工を行う業者が多いので、選択肢の幅が広いという利点があります。塗装が必要なのは、スレート屋根・金属屋根・セメント瓦屋根といった種類の屋根です。

適した塗料と時期を選択

男性

事前の打ち合わせが大事

千葉では、北部と南部とで気候特徴が大きく異なっています。北部は日中の寒暖差が大きい内陸性気候、南部は湿度が上昇しやすい太平洋側気候となっているのです。そのため千葉で外壁塗装をする際には、住んでいる地域に合わせて、塗料や時期を選ぶことが肝心とされています。具体的には千葉北部の外壁塗装では、暑さと寒さの両方から外壁を守ることができる、断熱塗料の使用が適していると言えます。断熱塗料には、粉末状にした天然石や陶磁器が混ぜ込んであるので、これを塗ることで外壁は、熱と冷気を通しにくくなるのです。また北部では、冬や春に強い季節風が吹きやすいので、塗料に砂などが混ざることを防ぐために、外壁塗装の時期には夏や秋を選ぶことが大事と言えます。一方千葉の南部では、湿気から外壁を守るためのシリコン系またはガラス系の塗料を使った外壁塗装に需要があります。どちらにも撥水性があるので、塗れば外壁にシミがついたり苔が生えたりすることが予防されるのです。また、塗料は湿度が高い中ではなかなか乾かないので、やや湿度が低くなる秋や冬に施工することが良いとされています。ただし気温や湿度は、周辺環境によってもある程度変化します。そのため千葉での外壁塗装では、適した塗料と時期とを模索するために、事前に業者としっかりと打ち合わせをすることが大事とされています。さらに料金も塗料ごとに異なっているため、予算も十分に考慮する必要があります。具体的には戸建て住宅の外壁塗装では、断熱塗料を使った場合は約80万円、シリコン系塗料の場合は約60万円、ガラス系塗料の場合は約100万円の費用がかかります。